Contribution To Society Activity

社会貢献活動

Contribution To Society Activity

社会貢献活動

ウォーターエージェンシーのおこなっている
地域貢献活動や災害支援活動などをご紹介いたします。
ウォーターエージェンシーのおこなっている地域貢献活動や過去の災害支援活動などをご紹介いたします。

災害支援Disaster support

全国で大規模災害時の緊急支援活動や復旧活動にご協力させていただいております。

東日本大震災の支援事例

2011年3月11日の東日本大震災に際しましては、ただちに災害対策本部を設置し、全国広域支援体制により、延べ200人を超える技術スタッフが被災地域での給水活動、復旧作業や被災状況調査ならびに、燃料・食料品・衣料品・医薬品などの調達および運搬などの支援活動にあたりました。

奥州市北俣浄水場の支援事例

2008年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震に際しましては、岩手県内に弊社災害対策本部を設置し、自衛隊や奥州市職員の方々と給水活動をおこないました。また、水源地の被害状況や漏水箇所の確認など、延べ51人の技術スタッフが支援活動にあたりました。

新潟県中越沖地震の支援事例

2007年7月16日に発生した新潟県中越沖地震に際しましては、長野県、群馬県から10日間で延べ55名の技術スタッフが処理場などの復旧作業を実施しました。また、ガス復旧に際しては、ガス開栓の電話対応に20日間で延べ99名が支援をおこないました。

江田島前早世浄水場の支援事例

2006年8月25日に発生した広島県用水隧道崩落事故に際しましては、取水停止が2週間続き、ろ過池腐敗による対応策として、水中ポンプの抵抗と循環処置による機能回復を計りました。給水タンク10基を設置し、関東、広島近隣から延べ65名の技術スタッフが支援活動を実施させていただきました。

新潟県中越地震の支援事例

2004年10月23日に発生しました新潟中越地震に際しましては、簡易トイレ20基設置・ボトルウォーターの配送・配水管路の調査応急措置などに、現地従事者とともに64名の技術スタッフが支援活動を実施させていただきました。

宮城県北部連続地震の支援事例

2003年7月26日に発生した宮城県北部連続地震に際しましては、広域的な支援体制として、東北地方を中心に関東地方からも延べ60名の技術スタッフが被災地に集まり、宮城県や当該市町村職員の方々と官民一丸となり、送水管路設備の被災状況の確認および修復作業にあたりました。

阪神淡路大震災の支援事例

1995年1月17日の阪神淡路大震災に際しましては、被災から3日後に、災害対策本部による調査団を派遣し、徒歩で災害現場をお見舞いしたのち、全国より兵庫県や尼崎市等に延べ300人を超える技術スタッフを派遣し、施設の早期復旧に向けての作業をおこないました。