Water Management Business

水マネジメント事業

ウォーターエージェンシーが提供する
上下水道の運営管理手法を『水マネジメント』と呼んでいます。
半世紀以上にわたる経験とノウハウと独自の研究開発から、
安全で効率的な上下水道運営の一翼を担ってまいります。

ウォーターエージェンシーが提供する 上下水道の運営管理手法を『水マネジメント』と呼んでいます。 半世紀以上にわたる経験とノウハウと独自の研究開発から、 安全で効率的な上下水道運営の一翼を担ってまいります。

水マネジメント事業についてFor water management business

ウォーターエージェンシーの水マネジメント事業は半世紀以上にわたり1200カ所をこえる上下水道施設の運転管理経験から得た、最も安全で効率的な管理運営手法です。

受託実績

施設別受託実績表

浄水場 281ヶ所
その他の水道施設 181ヶ所
下水道終末処理場 276ヶ所
下水道施設の主なポンプ場 457ヶ所
ごみ処理施設 11ヶ所
し尿処理施設 11ヶ所
農漁業集落排水処理施設 75ヶ所
コミュニティ・プラント 17ヶ所
排水処理施設 24ヶ所
その他 97ヶ所
(平成25年8月現在)

企画/設計

水マネジメントの企画立案

水マネジメントに関するウォーターエージェンシーの考え方、手法等に基づいてお客様ごとにカスタマイズした企画を立案し、提案いたします。

ウォーターエージェンシー標準設計

ウォーターエージェンシーが長年培ってきた経験や実績に基づいて、安全・安定・効率的な運営管理手法を定量化した独自の設計・積算手法で、最適な水マネジメントを提案いたします。

次世代に向けて

水道、下水道はいずれも住民の生活を支えるライフラインであり、水道施設、下水道施設は停止することなく安定的な運転が求められます。一方、近年では安全・安心な水の供給や、環境に負荷を与えない安全な放流水質の確保だけでなく、経済性や効率化なども求められるようになってきています。

また、官民連携の推進では、上下水道事業の運営において民間企業がその役割と責任をどこまで担うことができるかということが大きなテーマの一つとされています。

ウォーターエージェンシーでは、半世紀以上にわたって培ってきた豊富な経験とそれに裏付けられる効果的な管理手法に加え、ICTなど最新技術を活用した管理ツールをもって、安定かつ効率的な運転管理を実現し、事業主体のニーズに応えられるサービスを提供してまいります。